最近の投稿

TORANOTEC投信投資顧問株式会社の特徴・行っている取り組み

投稿日:2016年4月14日 更新日:

tora

取り組み・特徴

TORANOTEC投信投資顧問株式会社では株式への投資等による資産運用のアドバイザーとして、多くの方の資産を効率的に増やせるような環境を提供する事ができます。

そのための取り組みとしてまず運用体制を複数に分割する事で、各々の部署で専門知識に特化した担当者が対応に当たる事で資産運用のネックであるリスクを限りなく0に近づけられる環境を整える事に成功しました。

特に運用部と商品運用部による調査や分析は素人の目線では中々実現できない密度の濃い調査を行う事ができるので、資産を効率的に増やしたい人に最大限の力になれるのです。また一方的な視点では完全な管理体制を維持する事ができないため、決定事項がある場合には取締役会の監督の元投資政策委員会において審議を行うようにしています。

計画内容をさらに濃くするためには決定された運用計画を元にコンプライアンス委員会にて、法令違反がないかまた社内規定の違反がないか等を確認します。この二重三重のチェック体制がTORANOTEC投信投資顧問株式会社の大きな特徴であり、効率的な資産運用の秘訣でこれらの体制の影響で内外からの評判も良く近年取引数を大幅に伸ばしている企業になっています。

最終的な審議が全て行われると管理部とコンプライアンスオフィサーが最終チェックを行い、ここで初めて運用計画が執行されるようになります。

この様にTORANOTEC投信投資顧問株式会社では密度の濃い取り組みを行ってはいますが、その体制が透明性のある物でなければ意味がありません。そこでこの会社では運用実績や計画内容の進捗状況や結果を投資政策委員会と運用評価会議にてチェックするようにしており、ここでも適正な取引が行われているかどうか内容を精査するようにしています。

これだけチェック体制を厳重にしている影響もあり他人に資産の行方を預けるという行為の敷居がとても低くなっており、初めて投資を行う人でも簡単に利益獲得への道が見えるようになってきます。

この画期的な運用体制を統括しているのは他ならぬTORANOTEC投信投資顧問株式会社の代表取締役社長であり、その補佐を行っている取締役達の活躍も欠かす事はできません。

代表取締役社長に関しては経歴に大手証券会社に21年間勤務していたという実績をもっており、機関投資家営業やドイツ現地法人CEOも歴任したことがあるためその思考能力で行われる取り組みは信頼以上の価値がある物として多くの方に人気になっています。

-最近の投稿